日本における書道関係資料として最も古いのは紀元前1世紀の田和山石硯である。
その次に古く位置づけられるのが、ここで取り上げる福岡市志賀島出土の金印である。
最近北九州で弥生時代の石硯と思われるものが次々と発見されているが、いずれも1ー3世紀のもので、金印をさかのぼるかは不明である。(続きは以下のPDFファイル)

「漢委奴國王」金印字義

PDFアイコン「漢委奴國王」金印字義